So-net無料ブログ作成

成功点と失敗点 24. 玄関テラス、ベランダ、裏庭。それぞれに吐き出し窓を設置しました。 [ベランダ、窓、玄関ドア、外壁]

フォールディングウィンドー、確かに相当かっこいい。最近街角ヘーベルで見て、またそう思った。

設計の段階でも結構迷ったのだが、我が家では採用しなかった。その理由だが、
そもそも我が家の土地は横幅7m。家の幅は三間である。キッチンから裏庭に出るための壁は三間分あるが、ここには食器棚などをつくり付けるし、そもそもこの向きにかっこよくフォールディングウィンドーを付ける意味はあまりない。1.5m幅の吐き出し窓をつけ、ここから出入りしている。
window.jpg
そして、二階のベランダ。上に書いた街角ヘーベルのように二階リビングにつながっているなら別だが、我が家の場合は脱衣室につながっている。ここもフォールディングウィンドーを付ける感じではなく、ただベランダの植物を見ながら入浴するというコンセプトのもと洗面台もできるだけ視界を妨げない薄型にしたりしたので、できるだけ幅広にということで2.1m幅の吐き出しをつけた。
window3.jpg
というわけで、フォールディングウィンドウをつける可能性があったのは一階リビングである。
ただ我が家の幅三間のうち、テラスに面しているのは二間分。つまり、どんなにがんばっても2.4mより大きい窓はつかない。そして、土地を見学しに行った時に、かなり蚊がいるのが気になった。つまり、

1)家の周りに蚊たくさんいる(フォールディングウィンドウでは網戸が内側にくるので、網戸を閉じたままウィンドウの開け閉めができない)
2)明かるさや、景色という点では吐き出しでも24巾まであるので差はない(全開にしてテラスでBBQとかだとフォールディングウィンドウの方がだいぶかっこよさげだが)
3)コスト(確かフォールディングウィンドウはだいぶ高かったんじゃないかと)

という点から、フォールディングウィンドウではなく、吐き出し窓に決定。幅も結局は2.1m幅に。
window2.jpg
玄関テラスでBBQなんていうのもやってみたい気もあるが、結果的にはやっておらず、ここから出入りというのもほとんどしていないため、正解だったかなと思っている。

ただ、先の街角ヘーベルを見て思ったのだが、ひょっとするとリビングの部分をダウンフロアにしたり(あるいは脱衣室の床をあげたり)して、外と高さを揃えたりしたら面白かったのかもしれない。吐き出しの前の部分は少し高くなってそこに腰掛けられるとか。まあ、高さを変えない平らな家にして、ルンバがどこにでもいけるというのもいいところだとは思っているのだけれど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ユニットバスの鏡の形とイスとについて思うこと [雑貨、キッチン用品]

皆さんは風呂場で体を洗う時にはどのようにしているのでしょうか。立ってシャワーという方もいるでしょうが、イスに座ってという方もいるでしょう。

自分もシャワーだけで済ます時は立ったままでという場合も多いです。この時によかったなと思うのは鏡。我が家はセキスイAタイプに鏡だけ縦長のCタイプのものを特注でつけています。これは窓との位置関係で仕方なくなのですが、結果的にはこれでよかったなと思っています。(まあ、体を洗うのに鏡がいるのかということもあるはあるのですが。)

ところで、今日の本題はイスの方。特にヒゲを剃るときにはやはり座ったほうがしっくりします。ただ風呂場のイスって通常は20cm強くらいの高さだと思うのですが、これは座ったり立ったりが大変じゃないでしょうか。というわけで、自分用に高さ40cm弱のイスを購入しました。これは楽です。さらに下のスペースにはシャンプーのボトルが何本か入れることができます。
ただなぜかショッキングピンクのものしか見つけることができず、利便性に負けて購入したのですが、妻からは色がいまいち過ぎると言われています。。。
DSC_2975 (3).JPG
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

成功点と失敗点 22. 軒の深さとカーポートの場所について [成功点、反省点]

雨と日差し、軒はどちらも遮るわけだが、この軒、我が家には3パターンある。
軒がないところ、庇をつけたところ、一階で二階が張り出しているところ、である。

感想は、「軒は深いほうがよい」である。もちろんコストの問題があるので、仕方がないとは思うのだが、明らかに二階が張り出しているところが便利。雨が当たらない。
ということで一番よかったと思っているのは玄関。ここは二階が張り出しているので、よっぼどのことがあっても濡れない。一番使うところなので、よかったと思う。同様にベランダ出て左側の部分も90cmクラスで屋根?があり、洗濯物がちょっとした雨でも干せるので便利

逆にベランダの吐き出しから出たところは全く軒がないし、裏庭への吐き出しのところは庇をつけてはいるが、普通の庇なので、二階が張り出しているのと比べると正直効果があるのかないのかよくわからない。雨が降るとサンダルはビチョビチョになるし。

ところで、設計の初期の段階では、全く雨に濡れずに車に行けるようにしたいと考えていた。そのためにはカーポートを家にくっつくように設定しなければいけないのだが、そうするとその屋根に上って二階から泥棒が侵入できるという防犯上の問題が生じるのであまりおすすめではないらしい。
しかもカーポートなどの屋根を増やすとコストもかかるので、結局は家から少し離れたところに一台分のカーポートとした。もちろん全く雨に濡れずにというわけではないが、これは許容範囲かなと思っている。

こんな案を書いていた。この頃はまだ、子供部屋から一階に降りていける秘密のはしごみたいなものを作れないかと真剣に考えていた。
carport.jpg
結局この構想はボツになるが、かわりにクライミングウォールを設置した。ちなみにそこにいたるまでには、消防隊が上から降りてくるような鉄の棒を設置しようかというプランもあった。これは担当のYさんも真剣に調べてくれたのだが、なんと全国のヘーベルの中で一件だけ前例があったらしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ゴミを荒らされないように黄色いカラス除けネットを使っていますが [その他]

DSC_2975 (3).JPG
ゴミを荒らされないように黄色いカラス除けネットを使っています。カラスにゴミをあらされたことがなく、有効なんだなと思っていました。ただ、ネットで調べてみるとどうも「黄色」が本当に効果があるかどうかは疑問。

カラスにあさられない黄色いゴミ袋というのがあるのですが、これは黄色だということ以上に紫外線をカットする素材であることにポイントがあるようで、そのためカラスには中がすけて見えないということのようなのです。
我が家のようなネットの場合、ネットなので、結局中は透けて見えています。そのためゴミはカラスから見える。ネットである分、カラスがゴミにアクセスしにくくはなっていますが、それだけなら他の色でも同じということになります。

我が家のゴミがカラスにあさられないのは、朝、収集前にゴミを出しているために荒らされていないだけなのかもしれません。

ちなみに、このガードレール、ネットの固定には役立っています。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

我が家の前のガードレール [その他]

我が家の前にはガードレールがある。道路の反対側にはないのはなぜだろうかと思っていたが、どうもこれは道がカーブしているからのようだ。つまり我が家はカーブの外側、向かいは内側にあたる。確かにカーブを曲がりきれずに車が突っ込んでこられては困るが、これが少し車の出し入れには邪魔である。今は車が一台だから良いのだが、二台になったらこれはない方がよい。どうもちゃんと理由があれば撤去できるらしいのだが、費用はこちらの負担で数十万円かかるらしい。
DSC_2977 (2).jpg
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

外構のこの照明は必要か?② [外構照明、水道]

家の前の照明は夜に訪れたお客さんのため、というコンセプトだったのだが、意外とほかの照明のおかげか明るく、実はいらなかったのか?という疑問がわく。しかもチャイムを押した人の顔を確認するための照明にという気もあったのだが、実はチャイムのところにはすごい照明がついていて、チャイムを押すと光るのだ。
DSC_3013.JPG
ちなみに以前カーポートの照明がいらなかったのでは?ということを書いた。実際街灯が明るいのでこれはいらないとは思う。ただ、ふと思いついたのだが、ここに電気が通っているのは悪くないのではないかということ。ひょっとすると将来電気自動車とかプラグインハイブリッドとかを購入した場合にこれをはずしてコンセントに転用できないかなと。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

光熱費がついに黒字に!! [太陽光発電]

4月分の電気代、太陽光発電の金額が確定。日が長くなっていくに従って、どんどん黒字は拡大している。
暖かくなるに従ってガス代も減っているので、2,3月と比べて収支は大幅に改善、ついに87円とはいえ黒字に!!

4月分:ガス12328円+電気5855円-太陽光18270円=-87円

denki.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

見学記 17. 街角ヘーベルハウス汐路④、一般公開は5月3日らしい。 [見学記]

通常街角ヘーベルハウスというのはある程度見せたら売るものなわけで、今回のケースはレアケース。聞いてみるとここは割と場所もいいので、モデルハウスと割り切っていて、もう売る気はないらしい。
そのため、名古屋のプロジェクトというよりは本社のプロジェクトという感じで、本社のえらい設計士の人が設計して、特注品をふんだんに使って作っているらしい。(正しい理解だとは思うが、完全じゃないかも)
家具の類も特注たっぷり、コンセントや照明のスイッチも特注である。
DSC_3008.JPG
なんといってもこのダイニングからベランダにつながるウッドデッキがかっこいい。このためにわざわざダイニングの床をあげているのだ。
DSC_3001.JPG
ちなみに一般公開は5月3日らしい。
DSC_2992.JPG

ところで、「ここって面白いものがいっぱいありますね。}と案内してくれた方に言うと、「でもXXXさんのオ宅にもこういうのついているんですよね。」と、クライミングウォールのことを知っている。なぜ?と思って聞いてみると、うちの設計士のFさんと机が向かいらしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

見学記 16. 街角ヘーベルハウス汐路③、階段の上には天窓が、帰りにはお土産をいただく。 [見学記]

二階の階段の周りは棚だったが、三階はデスクになっている。これもまたよい。
DSC_3012.jpg
この階段は家の北側にあるのだが、その上は天窓になっていて、この階段が吹き抜けのように働いて、二階、一階へと光が入るようになっている。
DSC_3013.jpg
三階の残りのスペースは寝室とWIC。寝室には木製の家具のふとんベッド(でいいのか?)がある。
DSC_3003.jpg
これが二階のベランダを見下ろす形なのだが、この東面は全て窓で、朝日がガンガンに入ってくる。これはかなり冒険では?ちなみにWICと寝室をしきっているのも可動式の家具で実際はひとつの大きな空間である。
DSC_3020.JPG
見学が終わって帰るときにはエコバッグと食器用洗剤をくれた。ちなみにこのバッグにはHAUSと書いてあるが、HEBELと書かないならHAUSと書く意味はあるのか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

見学記 15. 街角ヘーベルハウス汐路②、ベランダと一体となった船室を模したダイニングがかっこいい。 [見学記]

二階、三階へ上がっていく階段はスケルトン(という呼び方でいいのか?)。
DSC_3016.JPG
この空間が吹き抜けのように作用していて、上からの明かりがよく入るようになっている。ただ、これって特注しすぎでは?実際こういうふうに建ててくれそうな気がしないが。。。暖房が上に逃げないように、そして上から寒気が降りてこないようにガラスのスクリーンで階段は隔離できるようになっている。階段を取り囲む棚もなかなかに面白い。ちなみにエレベーターも設置されている。二階にはベランダが南東角にある。
DSC_2998.JPG
広々としたベランダは気持ちがいいし、なんといっても板張りのベランダとあえて高さを揃えた板張りのダイニングがかっこいい。船室をイメージしているらしい。
DSC_3000.JPG
奥に見える棚はこれまたあえて斜めになっていて、ベランダ側は浅く、キッチン側が広い。
DSC_3002.JPG
キッチンは大理石調で、下に洗濯機が入っている。
DSC_3017.JPG
ベランダに面する形でダウンフロアのリビングもある。
DSC_2996.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。