So-net無料ブログ作成
検索選択
床、タイル、クロス ブログトップ
前の10件 | -

2年点検 [床、タイル、クロス]

kabi.jpgkizu.jpg
1年点検に続いて、2年点検があった。
気になるところは2ヶ所、キッチンの前の部分に黒かび?のような汚れがついてしまったことと、脱衣室の角の部分にクロスの切れ目ができてしまったこと。
両方とも治してくれたのだが、もはや全然わからない。すごいものだ。
次回はとんで、5年点検になるらしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

壁のクロスに花粉がついた!とれるのか? [床、タイル、クロス]

お花をいただいた。とても綺麗でよいのだが、花瓶に入れていたところ、花粉が壁の白いクロスについてしまった。どうも、ついたら掃除機などで吸い取るのがいいらしいのだが、水ぶきをしてしまい、むしろ取れなくなってしまった。これは困ったと思い、ネットで検索。エタノールがいいという記載を発見した。
早速、薬局で無水エタノールを購入。試してみると綺麗にとれた。ほっと一息。
(いろいろ注意事項があるようなので注意が必要)
kabe.jpg
写真はとれた後)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

あうちっ!タイルにひびが。。。 [床、タイル、クロス]

タイルにひびが入っているのを発見した。全部で2枚。1年点検のついでに治すのにいくらかかるか聞いてみた。
5万円くらいかかるらしい。ただ、タイル自体は一枚1000円くらいで大部分が工賃らしく、もっと割れてから?一気にやるのがお得らしい。ということで、待つことにした。
(金額はおおよその話らしいです。)
hibi.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

我が家のフロアコーティングについて。 [床、タイル、クロス]

犬の足腰のためには滑りにくい床がいい。床暖房との相性。外のテラスとの連続性。これらのことから一階の床はタイルと決めていた。しかし、犬は二階に行くわけではなく、床暖房も一階のみ。そしてなんといってもコストのことを考えるとどう考えても階段から上はタイルはもったいなすぎ。やっぱりフローリングだろうというわけなのだが、変更契約直前になって、はたとワックスがけなんてちゃんとできるだろうかという疑問がわいた。そこで、フロアコーティングをすることにしたのだが、担当のYさんに業者に申込もうと思っていると話をすると、そこもヘーベルでやらせてほしいということだったので、Yさんのおすすめの商品で、ヘーベルを通してやってもらうことにした。
最近までなんという会社だったか思い出せなかったのだが、書類を引っ張り出してみると、NSクリエイトのプレミアコートという商品だった。液体ガラスで硬さは8Hらしい。この会社、どういう点がほかよりよくてコレなのかというのを格別判断することなく、おかせでこれにしてしまったので、どこがいいのか、それとも安いのかとか、よくわからない。価格比較サイトなどを見てもこの会社は出てこないし。
ただ、もうすぐ1年だが、まだつやつやとしているし、何も落としたりしてないからわからないが、傷とかができている感じもなく、満足している。説明を見るとツヤツヤして滑るように見えるが、コーティングした方が足も滑りにくくなるらしい。
一応、傷がつきにくい、薬品に強い、汚れにくい、滑りにくい、安全(有害物質を含まない)というのが特徴だと書いてある。(ただこれはガラスコーティングのほかの会社でも書いてあることかも。)

DSC_2977.JPG
保証書を見ると10年保証がついていた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

タイルの汚れには激落ちくん [床、タイル、クロス]

我が家の床はタイル。結構白いタイルなのだが、最近なんとなく黒ずんできたような。洗剤をつけて拭いてみたこともあるのだが、なんとなくイマイチ。ということで、八事ハウジングセンターに行った時にそこのヘーベル(モデルハウスの床がタイルなのである。)の人に聞いてみたところ、激落ちくんがいいらしい。
そこでそのシリーズの中の激落ちパパを購入。
yogore2.jpg
メラミンフォーム激落ちパパ/激落ちくん/スポンジ・ブラシ(掃除用)//税込\5250以上送料無料レビ...
早速購入して拭いてみると、落ちる落ちる。
yogore.jpg
(ちょっと見づらいか?矢印のところがこすったところ)
激落ちくんを水につけて、それで床をこすり、浮いてきた汚れを雑巾で拭く。みるみるうちにバケツの水は真っ黒に。床は真っ白に。
やっぱり結構汚れていたんですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

段差のない家。ダウンフロアとか、床上和室とかもかっこいいですが。 [床、タイル、クロス]

八事ハウジングセンターのモデルハウスには何度も通った。ここは二階リビングのような設定になっているのだが、一階入ってすぐのところにダウンフロアにしたくつろぎのスペースがある。これが結構かっこいい。
img01.jpg
また、二階のリビングには少し高くした和室のスペースがあって、これもまたいい感心。
このパターン以外にも鳴海のモデルハウスにはリビングに接して床上和室があって、ここに堀ごたつがある。このくらいの高さにすると、下を収納スペースにもできるらしい。
04.jpg
こういうのはかっこよかったり、便利そうだったりして、採用しようかと思ったこともあるのだが、結局やめてしまった。
というのはルンバである。我が家の掃除はルンバがメイン。掘ったり、あげたりするとルンバが使えない。これでは不便なのではないかと思ったのだ。というわけで、我が家は全然段差のない家になった。ルンバがどこまでも行けるという点で気に入っている。
写真を引用したサイトにも「写真では決してお伝えしきれない心地よさを是非ご体感ください。」とある通り、確かに段差をつけると写真では伝えきれないかっこよさがあるんだけど。

ついでに消せなかった段差について。
以前住んでいたマンションは玄関フロアと三和土の高さが同じになっていて、まさにバリアフリー。家を建てるにあたって、そういうふうにできないかと思っていた。しかしこれはヘーベルハウスでは無理らしく、却下された。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

成功点と失敗点 21. 二階の床のフローリングについて [床、タイル、クロス]

二階の床の色はオークにした。もっとも明るい色だ。階段からこの色になるので、
1)家が明るくなること
2)家具との整合性。
がポイントになる。
1)については明るければ明るいほどよいので、オークでよいわけだが、問題は2)である。
我が家の一階の家具はウォールナット。そう考えるとウォールナット的な色がいいはず。だが、それだと重い。ということで、オークは白扱いでいけるというインテリアのKさんの話を聞いて採用。まあ、確かに結構問題なし。子供部屋の家具などはもっと明るい色のものが入っているのでさらに問題なし。ということで、このチョイスはよかったのではないかと思っている。
ただ、これはフローリングがどの色でも同じことだが、脱衣室、トイレの床との関係が難しかった。脱衣室は水回り用の白い床なので、ぎりぎりセーフな感じだが、
20130405_055538.jpg
トイレだけは我が家の中で唯一色にこってグレーの床になっている。
20130405_055629.jpg
特に戸を閉めたときの色の関係、ここが気になってしまう。
20130405_055452.jpg
ちなみに特殊コーティングでワックスがけ不要とした。これはいいんじゃないかと思うのだが、まだ一年もたっていないので不明。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

パントリーとクライミングウォール前の床はクッションフロアで。これが床材では一番安いんですよね。 [床、タイル、クロス]

我が家の一階の床はタイル。床暖房の相性といい、見た感じといい気に入っている。ただし、問題はコストである。ということで、なるべくコストを減らすべく、玄関の三和土の部分は屋外用のタイルとし、可能な部分はヘーベルの床材の中でも最も安いクッションフロアを採用した。
一箇所はクライミングウォール前。ここはマットを敷くため、マットの下はクッションフロアでOK。
もう一箇所がパントリー。こちらもお客さんの目に触れる場所でもないので、クッションフロアとした。
写真建築中のものだが、色的には全然違和感はない。
pantry.jpg
(ちなみに左側に見えるのが通常の奥行30cmの棚、奥に見えるのが特注の15cmの棚
pantry2.jpg
(左下にWICから転用したハンガーパイプが見える)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

屋内用と屋外用のタイル、境界は玄関にある。 [床、タイル、クロス]

以前も書いたが、屋外用のタイルの方がコストが安いこともあって、我が家では屋内用のタイルは玄関ホールまで。三和土からは屋外用のタイルを敷いている。その境界は写真で見るとこんな感じ。
genkanyuka.jpg
タイルに関してはほとんどわからない。目地は言われてみれば少し屋外用が薄いかなという感じだが、おそらく言われなければなんとも思わないだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

同じ色のタイルで屋内のLDKと屋外のテラスに連続感。ただ目地の色は室内と屋外で微妙に違う。 [床、タイル、クロス]

一階の床をタイルにした理由は床暖房との相性、犬との相性。そしてもう一つの理由はテラスとの連続性だ。
我が家は北西から南東に細長い形をしていて、南東には玄関前のテラスが、
DSC_2975 (4).jpg
北西には裏庭のテラス(こちらは小さい)がある。
DSC_2975 (3).JPG
そしてそれぞれに大きな吐き出しがあるため、LDKとテラスで同じ色のタイルを使えば「連続した感じ→広々感」が出るのではないかと思ったのだ。
(屋外用の方が少しコストが安いため、我が家ではLDKから玄関ホールまでを屋内用、土間からテラスまでを屋外用のタイルとした。)
ところで、タイルの色については、犬の白い毛が目立たず、部屋が明るくなるように白っぽい色をチョイスしたのだが、目地の色については全然考えが及ばず、漠然と白い色を想像していた。ところが、建築中の現場で見てみると、グレーの目地。
DSC_2978 (2).JPG
(上の写真は屋内用のもの)
しかもなんだか、玄関ホールと土間で色が微妙に違うような。。。
DSC_2979 (2).JPG
(上の写真は屋外用のもの)
驚いてインテリアのKさんに電話したところ、白だと目地に汚れが目立ってしまうので、実際の家に使うのは得策ではないらしく、このくらいの色が汚れが目立たないらしい。そして、屋内に比べて、屋外は土による汚れが付くが、これは乾燥すると白っぽくなるので、少し薄いくらいのグレーの方が汚れが目立たないらしい。
(ちなみに、タイル自体の色は屋内と屋外で同じ色の設定があるが、目地については微妙に違うグレーしかもともと設定がないらしい)
実際住んでみると、目地の色は気にならず、テラスとの連続感も感じられる。プロの言うことは正しい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - 床、タイル、クロス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。