So-net無料ブログ作成
カーテン、ブラインド ブログトップ

ヘーベルではダウンライトがコストパフォーマンスがよいが、まめに拭かなくてもいいのがよいような。 [カーテン、ブラインド]

我が家の照明はコスト重視。ほとんどがダウンライトである。ヘーベルでつける場合は圧倒的にこれをチョイスするのがコスト的にはよい。そしてもう一つ良い点を発見したのだが、それはホコリがたまらない事。まめに吹いたりしないで良いのがいい。
DSC_2981 (4).JPG
それに気づいたのはダイニングのペンダントのため。我が家ではダイニングのみが三連ペンダントなのだが、立ったときにこれがちょうど視線あたりにあり、掃除をしないとホコリが目立つのだ。見栄え的にはこれはなかなか気に入っていて、これにしたことに全く後悔はないが、この辺は注意が必要である。ちなみに、まだダイニングテーブルが入る前はよくここに頭をぶつけていて、「大丈夫かこれは?」と心配したが、テーブルが入るとそのエリアに立つこともなくなり、頭をぶつけなくなった。
引越し当初はもともと使っていた120cmのテーブルで縦にも横にも置くことができたこと、そしてどのくらいのサイズのテーブルに買い換えるかをまだ決めていなかったことから、天井直付けではなく、回転(および取り外し)可能なダクトレールタイプをチョイスした。(最近同様の記事を発見
ちなみに余談だが、ダイニングテーブルで鍋などをするときに、壁のコンセントから電源をとっているのだが、そうすると人が通る時にじゃまになる。この照明用のダクトレールに取り外しできるコンセントをつけることはできないんだろうか。見栄えはイマイチだが、便利なんじゃないかと思うんだけど。

ところで、ホコリ掃除といえば、先日カーテンレールを天井から付けるようにするとホコリがつもらないのでよいと書いている人がいた。そう言われてみると、我が家のカーテンレールも天井からついている(カーテンは一つしかないが)。
DSC_2979 (3).JPG
吐き出しのブラインドも。
DSC_2980 (3).JPG
そして窓のブラインド類は全て(主寝室のものを除く)なんというのだろう、窓自体が少し凹んだ枠の中についていて、その枠の下にぶら下がる形になっている。(吹き抜けのブラインドも
主寝室のものだけはごつい茶色のウッドブラインドなのでレールをカバーする箱がついている。
DSC_2985 (4).JPG
このブラインドの縦横とほこりについて担当のYさんに言われたのが、縦の方がほこりがたまらず、横の方がたまるということ。分かっていても結局そこにほしいものをつけてしまったのだけど。

納戸にはロールカーテンがついているが、ここも二階床部分の下にぶら下がる形になっており、これはロールカーテンごと取り外せるようになっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

普通のカーテンを窓側に、レースのカーテンを内側にセット。 [カーテン、ブラインド]

lace.JPG
インテリアのKさんのセンスを絶対的に信用していた我々。インテリアの打ち合わせは、すごいスピードで進んだ。(というか、むしろ間取りに異常なこだわりを持っていて(Madolista)、そっちに時間がかかりすぎだったともいう。)
特に色や柄については妄信的にKさんのいうことを信じていたが、実際住んでみてそれで正解だったなと思う。特に目からウロコだったのが、リビングのカーテン。我が家ではブラインドやスクリーンを多用していて、カーテンはリビングにしかない(これは我々の意向を反映している)。そのカーテンはほぼ無地の生成りの感じなのだが、セットになっているレースのカーテンには少し模様がついている。そしてKさんの提案で、そのレースのカーテンを家の内側に、普通のカーテンを窓側に付けているのだ。確かにその方がかっこいい。さすがプロ。

子供部屋のブラインドは小鳥とリスがついている。 [カーテン、ブラインド]

bird.jpg
子供部屋は隣の家に近く、窓がかなり開けにくい。ここのブラインドは街角ヘーベル大島町(http://hebelhaus.blog.so-net.ne.jp/2012-12-26)で見たブラインドが気に入って、採用した。小鳥とリスの影がついているやつだ。無地のブラインドとコストはほとんど変わらないらしい。リスの画像はこちら(http://hebelhaus.blog.so-net.ne.jp/2012-07-10

リスがいる!スクリーン、ブラインド、カーテンがついた [カーテン、ブラインド]

0710risu.jpg
スクリーン、ブラインド、カーテンなどがついていた。このブラインドは特にお気に入り。普通のブラインドとあまり値段の差がなく、リスが付いてくる。
ここで驚きの事実。ウォークインクローゼットの壁の位置が4cmほど寝室側にずれていたらしい。確かに本棚の棚板が収まらなくなって窓の方にはみ出している。もうクロスなどいろいろなものは付いているが、もう一度作り直すらしい。そのため、1週間後の施主チェックは2週間後の引渡し直前に行うことに。そんなことってあるんだねって感じ。まあ、ビフォーアフターを思えば大した修正じゃない?
カーテン、ブラインド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。